フリーエンジニアの責任の重さと成功の評価

企業や組織からの束縛から自由になりたいと考えてフリーエンジニアになるということは、よくある転職のパターンである。
どんな仕事を行っても、必ずそれは勤めている会社に帰属されてしまうことになり、IT業界における自分の実態が見えないという状況になっているのが、会社に勤めている際のデメリットとなっている。
その束縛から解放されて、自分の名の下に全ての仕事を担っていきたいと考えると、個人として働いていくことができるフリーランスになるという道が必然的に選ばれるのである。

フリーエンジニアになると仕事を請け負って成果を上げることにより、その評価は直接自分のものとなる。そうして多くの仕事を成功に導いていくと、業界全体に名が知られるようになって、仕事も請け負いやすくなれば企業からのスカウトも受けられるようになっていく。
そういった形で、自分に対する評価がはっきりとわかるようになるというメリットがあるのである。

しかし、成果をあげるというプラス面が評価される一方で、生じたトラブルも自分に全て帰してしまうことになる。
会社に属していれば、大小のトラブルを生み出してしまっても同僚や上司が尻拭いをしてくれる場合が多い。しかし、その対応も自分一人で行わなければならず、一つ一つの行動の責任が重くなるのが、フリーエンジニアとして働く道になる。
だが、その責任の重さがあるからこそ、成功が自分の評価に直結するメリットが得られるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です