フリーエンジニアの技術の説明能力の重要性

フリーエンジニアの仕事として多くの人が請け負うのが、企業が動かしているプロジェクトに参入し、その企業に不足している人材を補填する役割を果たすものである。
こういった職場においては、もともとその専門分野を担う人材がいなかった場合も多く、同じプロジェクトのメンバーも統括を行うプロジェクトリーダーも、あまり自分の専門分野について精通していないことが多い。
それゆえにコミュニケーション上の齟齬等も起こりやすく、ともすればトラブルにつながりかねないというリスクはあるものの、プロジェクトの進行に不可欠な人材として活躍することができる案件になる。

こういった役回りが果たせるようになるためには、世の中で担い手の少ない技術を身につけていくことが必要であり、ニッチを埋める人材となることを目指すか、最新の技術を常に取り入れていくことを怠らないのが重要である。
それに加えて、理解の不足によるトラブルを生じないためにも、自分の技術の特性について周囲の人に正しく理解してもらうための説明能力を身につけておくことも、仕事を行っていく上で欠かせないスキルとなる。

そういった説明能力が、他の専門家達の特性についてもカバーすることができれば、チーム全体のコミュニケーションを円滑にする役割も果たすことができる。
そういった役割を果たせることは、チームプロジェクトにとって大きな貢献となることから、将来的に多くの現場で重宝されるようになれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です